ショックから立ち直り

注目銘柄
05 /17 2017
三精テクノロジーズの決算後の急落でのショックが大きかったものの
ようやく立ち直りつつあります。

市場は思ったよりも弱気の雰囲気ですが、
決算と今期の予想を見ていると全体として
景気が良い感じがします。

エスエスエコレーディングの
ヤオコーですが、ようやく上がり始めました。
以下のニュースで上げているようです。

いちよし経済研究所では、今18.3期も最高益更新を想定。レーティング「A」を継続、フェアバリューは6200円→6400円と引き上げた。
 会社の前17.3期決算は、一見するとノーサプライズ。ただし、先行投資を吸収した上で会社計画を上回る着地であり、好印象であるとした。同社はEDLP政策(毎日が安売り:Every Day Low Price)と商品開発、積極的な既存店改装に加えて、FSP(フリークエント・ショッパーズ・プログラム:購買金額の上位顧客の囲い込み政策)が奏功し、既存店売上高の順調推移が続いている。これは同社の競争力向上を示唆していると、いちよしでは判断しているとした。

テクニカルでも上値抵抗線を抜いたので
信用400株を追加で購入しました。
目先は今期1株利益の275円×20倍で
5500円を当面の水準と考えています。
もっと上がると思っていますが、
目先の目標としては余裕だと思います。

上値抵抗線を抜けてくると上がりやすくなります。

石原ケミカルも面白い銘柄です。
長期的にはかなり上がると思っています。
今期業績の予想がかなり良いです。
四半期ごとに予想通りに業績推移してゆくか
確認しながら下げたら強気で買いです。
スポンサーサイト

決算発表を精査して

注目銘柄
05 /13 2017
三精テクノロジーズショックにより
かなり落ち込んでいましたが、
決算を色々調べていて気付いたことが
ありました。

業績によって株価は変化していきますが
業績が悪化していないのであれば
やがて復活してくるということです。

以前に業績が芳しくなかったので
取引をやめていた銘柄がほとんど復活して
いました。

日成ビルド
田中商事
藤田エンジニアリング
小松ウオール

などなど以前にお世話になって
いた銘柄たちが元気に復活していました。
しかも、結構いい感じです。

多分、三精テクノロジーズも
エイジスも同じ道をたどってくると
思います。

三精テクノロジーズに関しては信用買い
の分は損切りします。
信用買いはやはり決算発表の後が良いですね。
信用しすぎていました。

エイジスもNISAの銘柄ですので気長に
待っても良さそうです。

5月は損切りが相次いで結構ショックが大きいです。
もう少し慎重に売買します。

日成ビルドが強気で買いに入れそうです。
小松ウオールも強気でいけそうです。
ヤオコーも強気で入ります。

三精テクノロジーズの現物は放っておくことに
決定しました。

三精テクノロジーズ暴落

注目銘柄
05 /11 2017
暴落してしまいました。
今期稼ぎすぎて、来期に減収減益しかも
減配
暴落していてびっくり。
また落ち着いて考えます。

また買ってしまった

注目銘柄
05 /10 2017
エムケイシステムが暴騰してたので
売ってしまいました。
チャーム・ケア・コーポレーションも
3000ときりのいいところで
売ってしまいました。
システム情報も
売ってしまいました。
桧家さんも本当なら買いですが
100株確定してしまいました。
エイジスもNISAの100株を損切りしてしまいました。

少し落ち着かないので少し整理しました。

逆に全体が上げているのに下げている
三精テクノロジーズ
前田製作所
また買ってしまいました。

明らかに三精テクノロジーズに投資しすぎて
います。
明日がいよいよ決算発表です。
なかなか上がらないところをみると
業績が思わしくないのかと思ってしまいますが
上方修正されたときの強気で臨んで見ます。

三精テクノロジーズが上がれば資産が増えますし
下がればだいぶ目減りします。
そのぐらい気合を入れて買っています。
何とか1050を超えるまでは行って欲しいものです。
前田製作所は人気無いですが個人投資家しか
こういう銘柄は買えないので逆にやりやすいです。
2000株買いました。
もう少し買おうかとも思ったのですが、
決算次期なので決算内容をそれぞれ確認して
再出動するか決めます。

決算発表

注目銘柄
05 /09 2017
桧家の第一四半期決算
今回発表
決算期間 201701 - 201703
売上高 21,082百万円
営業利益 610百万円
経常利益 528百万円
当期利益 187百万円
1株当たり当期利益 13.84円
前期実績
決算期間 201601 - 201603
売上高 17,373百万円
営業利益 370百万円
経常利益 379百万円
当期利益 125百万円
1株当たり当期利益 9.25円

順調な滑り出しです。
この調子なら前回の高値2400を越えてくる
可能性大です。残りは少しですが、追加はせず
のんびり保有しておこうと思います。
桧家さんには本年度本当にお世話になっています。

エムケイシステムは100株だけの保有ですが
すばらしい決算でした。
来期の予想も発表されています。
こちらも素晴らしいの一言。
割安とは言いがたいですが、この成長性から
考えるとまだまだ買われると思います。

いよいよ期待の
三精テクノロジーズやヤオコー
ディア・ライフなどの決算発表も
近づきました。

持ち株の中ではエイジスとやまやが
心配です。業績が良くなければ損切りという
投資方針ですが、そうならないで損切りするほどでは
無いことを願います。

前田製作所は2000株現物買えませんでした。
明日も買い注文を出してみます。

エスエスエコ

2016年~レーディングによる
投資スタイルスタート
当初2016年の+11%目標
改めて+40%目標に切替
3月に祝+40%達成!!

2016年+11%
2017年+40%(3月時点)